妊婦も安心

現在では、おめでた婚をする人が4分の1以上を占めますので、妊婦さん用のウェディングドレスであるマタニティドレスについても、さまざまなバリエーションがあります。現在人気のデザインは、おなかが目立たないプリンセスラインのマタニティドレスです。大きめのパニエなので、おなかが大きくなっても美しい形で着ることができます。また、マタニティドレス用のインナーも発売されていますので、おなかの赤ちゃんに負担をかけることなくマタニティドレスを着ることができます。最近では、マタニティの新婦さんに向けて、同じドレスを2サイズ用意しておいてサイズ変更に対応したり、通常よりも多く試着するなどといったサービスが出現しています。

マタニティドレスのレンタルは、たいていどこの結婚式場でも対応しています。なぜなら、おめでた婚がそれだけ増えてきているからです。ですので、マタニティドレスを着用する際は、ウェディングプランナーさんにその旨を予め相談しておくことで、スムーズに利用することができます。試着の回数に関しても、相談に乗ってもらえる結婚式場は数多くあります。しかし、衣装のバリエーションとしては通常のウェディングドレスほど多くはありませんので、気に入ったマタニティドレスがあったら、持ち込み料を支払うことで持ち込みができるというサービスもあります。同じくウェディングプランナーの方に申し出る形で、そのサービスを受けることができます。